ファーストフードやカフェでの勉強について

スターバックスやマクドに行くと隅っこのほうで勉強している人がいます。
コーヒー一杯頼んで長時間利用するという感じです。

騒がしいけど空調も効いて誘惑もなく勉強できる環境ということでしょう。

当サイトではこれらの店で勉強することを推奨しているわけではありません。
なぜならこれらの店は勉強するための施設ではないからです。

こういった施設で勉強している事例ですのでコーヒー一杯で長時間勉強しないようにしましょう。

ファーストフードやカフェで勉強するのではなく当サイトで紹介しているような有料・無料の自習室で勉強することをおすすめします。

勉強場所として利用できる施設

スターバックスやマクドであればどんな店でも勉強できるというわけではありません。
店側も他のお客さんの迷惑になるようであれば、注意はするはずです。

勉強場所として利用できる条件というのは

  • 中型店以上の規模がある店
  • 小型店舗であればすぐに席が埋まる可能が高くお客さんの回転が求められます。
    その状態で長時間いると目につきます。

  • 席の利用率が高くない店
  • 席が空くのを待っているお客さんがいるような状態で長時間いると店側は嫌がるでしょう。

  • 物品購入と食事場所が別(1Fと2Fなど)であればなおよい
  • 店員の目を気にしなくてもいいので

イオンモール

イオンモールで勉強するならフードコートかなと思います。
店舗によっては食事時間以外でも空きがない状態の店もあるので長時間の利用は迷惑です。
何も注文しなくても利用はできます。
ただし、店員に注意をされるわけではありません。
フードコートというのは、ひとつの店のエリアというわけではないの注意する人はいません。

マクドナルド

京都市内にも結構な店舗があるマクドナルドです。
店舗規模はいろいろです。

勉強するなら大型店がいいでしょう。
商品を購入するフロアと食べるフロアが異なる場合はやりやすいと思います。

100円でソフトクリームを購入すれば入店できることになります。
端の席を確保してしまえば、比較的長時間勉強できるでしょう。

大垣書店

最近、京都で増えているのが、大垣書店です。
大垣書店の中には、カフェを併設している店舗がありそこで勉強している人がいます。

桂川イオンの大垣書店には、カフェがありそれなりの席数がありますが、端は勉強している人を見かけます。
コーヒーなどの値段はマクドのように安くはありませんが、一定数勉強しているような感じです。